読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おなじゆめをみて

主に丈一郎くんと関西Jr.についての覚え書き

2015/03/24 丈リチャラジオ

ラジオ

丈くんとリチャードの初!初!!!ラジオが放送されたよーーーーーー!!!!先週ジャニーズネットに載って、今日放送で本当にうれしかった!ヤッターーーー!!!!!!というわけで夢にまで見た文字おこし、やってみます。

 

2015年3月24日 遠藤淳のYou've Got a Radio ! 内コーナー Jun's Eye

 

遠藤「さぁ今日もですね、スタジオにフレッシュな!男の子たちが来てくれております!お一人ずつお名前を!お願いしまーす!」

藤原「どうも、初めまして。関西ジャニーズJr.の!藤原!丈一郎です!」

リチャ「どうもー、はじめましてー!関西ジャニーズJr.の、草間リチャード敬太でーす!」

遠藤「よろしくお願いしまーす」

遠藤「初登場!」

リチャ「はい」

丈「はい」

遠藤「藤原丈一郎さんと」

丈「はい」

遠藤「草間リチャード敬太さん!」

遠藤「お二人に来ていただきましたー。若いですね、見た目が、やっぱり」

丈「いやいやいやいやいや…ほんまですかぁ?」

遠藤「ほんまにほんまに」

丈「もう19ですよ僕たち」

遠藤「まだ19やん!!」

丈「ひへへッ」*1

遠藤「いつごろからその、あ、もう19やもうすぐハタチや10代終わるーみたいなの意識し始めてたんですか?」

丈「けっ…こう最近からもー、あ、もーハタチやもう大人の階段のぼってきてるな!っていうのは、実感しますね」

遠藤「大人の階段を」

丈「はい」

遠藤「もういろんなことやってきた!?」

丈「やっ、てきたっていうか(笑)」

リチャ「いろんなことやってきた(笑)ま、そー言うとね!ちょっとね、いろんなこと…」

遠藤「まあまあまあまあまあ」

リチャ「いや、やってきてはないですぅ(笑)」

遠藤「やってきてないんかい!」

(笑)

 

遠藤「お二人とももちろん関西で」

遠藤「関西ジャニーズJr.で活躍されているわけなんですけど!どれくらいになりますか、活動歴でいうと」

丈「ぼくぅは…19歳なんですけど、入ったのが9歳なんですよ」

遠藤「あっじゃあもうほぼほぼ10年?」

丈「いま11年目ですね」*2

遠藤「11年目か!」

丈「はい。ずっとこの、人生がジャニーズJr.?みたいな!ジャニーズっていうか!」

遠藤「まあでもそっか、11年言うたら、生きてきた半分以上が…」

丈「半分以上がジャニーズですから!」

遠藤「なにきっかけで?」

丈「いやお母さんに5000円あげるって言われたんで、そっからが!始まりなんですよ!で!9歳で!5000円ってぇ!大金じゃないですか!」

遠藤「でかいね、でかいでかい」

丈「そう考えたらボクもそら、お金で!つられて。はいりました」

遠藤「お小遣い5000円あげるからと。毎月?」

丈「毎月、普通やったら500円のところを10倍!そう考えたらね」

遠藤「ジャニーズ入ってがんばってって言われて」

丈「はい。そう言われたらやっぱ入っちゃうじゃないですか!」

遠藤「そうやんなぁ~。オカンその交渉術はちょっとせこいなぁ」

(笑)

遠藤「そんな子どもにねぇ、大金ちらつかせて(笑)で気ぃついたら…」

丈「気ぃついたら、もういまの…ジュニアになってるっていう…」

遠藤「はいはいはい。草間さんは?」*3

リチャ「ぼくぅーは、今年ぃ…で6年目、くらいなんですけど、入ったきっかけは…」

遠藤「中学ぐらいか」

リチャ「そうですね、中学校1年生の終わりぃ、に入りました。ま、きっかけは自分で送ったんですけどぉ」

遠藤「あ、履歴書を」

リチャ「はい」

遠藤「なんかそういう活動をしたいなっていうのがあったん?」

リチャ「そうですね、なんか、なんかどっかしらに入って、テレビとか出たい!みたいな思いがあって…」

遠藤「はいはいはい」

リチャ「で送ったら通った、みたいな」

遠藤「一発で?」

リチャ「はい」

遠藤「へぇ~…!で?やったぁ!言うて」

リチャ「やったぁ~っていうて」

遠藤「夢やったもんね?活躍する第一歩として…」

リチャ「はい」

 

遠藤「入って、もう6年経って…各々初舞台のこととか覚えてますか?初めてステージ立ったときって」

丈「おぼえてますよぉ…ボク初めて立ったときはTOKIOさんの、ライブで。行って。当日に呼ばれて」

♪AMBITIOUS JAPAN

遠藤「あっそうなんや」

丈「当日なんですよ!その日、その前日に電話がきて、『じゃ、明日来てください』って言われて。行って。1曲だけフリ覚えて。じゃ、Tシャツ『はい』って渡されて。それ着て、舞台立つ!っていう」

遠藤「へ~~~そんなかんじなんや!」

丈「そうなんですよ」

遠藤「じゃその本番当日に、その1曲フリを全部覚えるっていう感じ?」

丈「はい」

遠藤「でもいきなりお客さんの前行ったら、そんなん忘れたりするでしょ。とんだりとか…」

丈「だからボクたぶん、フリ踊ってたのかな?っていうのかも分かんないんですよ!出たことは覚えてるんですけど、初めて「わ、有名人や…!」と思って。ずぅーっと緊張しながらも、たぶん!がんばって踊ってたと思うんですよ。9歳なりに。」

遠藤「うんうんうんうん」

丈「それだけしか覚えてないですね、もう」

遠藤「あ、そうなんや~…!」

丈「はい」

遠藤「でもそれすごいね、前日に連絡っていうのもね!」

丈「そうですね」

遠藤「それはもう代々そんな感じなんかな、他の人たちもみんな」

丈「む、昔はずっとそんな感じでした」

遠藤「あ、そうなんや~」

丈「はい」

遠藤「でも今ではもうね!もう…」

丈「今ではちゃんともう!みっちり!稽古しまくって…」

 

遠藤「草間さんは?」

リチャ「ぼくぅー…は一番最初は、テレビやったんですよ」

遠藤「テレビ?」

リチャ「はい。一番最初が音楽番組で。KAT-TUNさんのバック…」

♪One Drop

遠藤「へぇ~~~!」

リチャ「で、いきなり、社長から直々に、家に電話がかかってきて。で『明日…来れる?』みたいな」

遠藤「『YOU明日来れる?』と(笑)」

(笑)

リチャ「いやそんないきなり電話かけられてきて、『明日来れる?』って言われても知らんし!みたいな。しかも中学1年生で…で、東京やったんすよ」

遠藤「当然そんとき草間さんは社長の電話番号知らんわけでしょ?」

リチャ「知らないです」

遠藤「いきなり知らん番号からかかってきて?」

リチャ「いきなり家に電話かかってきて『もしもし喜多川ですけど』みたいな。」

遠藤「はいはいはい」

丈「んふははっ」*4

リチャ「いやどこのキタガワさん?みたいな…親も疑うし…『あんたホンマにそんなん送ったんかいな!?』みたいな」

(笑)

リチャ「んで『じゃあもう行きたいんやったら行ってきぃ』って言われて…で、次の日学校終わりでそのまま行って…んでテレビ出て!みたいな」

遠藤「東京行って、テレビの収録して…そのときは1曲また後ろで踊ってる感じの?」

リチャ「なんか間奏で急に出てきて、茶化してハケる、みたいな(笑)」

(笑)

遠藤「何の曲でやったん?KAT-TUNの」

リチャ「えー…One Dropっていう曲なんですけど」

遠藤「One Drop!の間奏で!茶化しに入ってきたという(笑)すごいね~!いやー、でもそれって度胸はつくよね!最初そんなんやったらね!」

 

リチャ「はい」

 

遠藤「じゃあそれぞれTOKIOKAT-TUN、大先輩の後ろでっていうのがデビューだっていうことなんですけど、ジャニーズの中で尊敬してる先輩とか、憧れてる先輩とかっていらっしゃいます?ま、いっぱいいるやろね」

丈「ボクはずっとお世話になってるのは、関ジャニ∞さんですね。やっぱりもう関西!からデビュー、したので…その中でも横山くんですね」

♪クルトン

遠藤「横山くん」

丈「はい。喋りがもう達者で。後輩の面倒見も良くて。ボクたちもよく、ご飯とかたまに連れてってもらって。ただ!おもんなかったらしばかれるっていう!」

リチャ「ほんまに!」

丈「怖いっすよこれほんまに!」

遠藤「なんかさ!それあんの?おもしろいおもしろくないを試す時間みたいなん」

丈「試す時間(笑)っていうか!」

リチャ「フツ―に」

遠藤「常に見てんねや」

リチャ「そうです」

丈「普通にご飯を食べれないんですよボクたち!なんか!面白いこと言わな!みたいな。で言って、おもんなかったら…バァン!と。おもんないねん!」

遠藤「ツッコミがくるわけや」

丈「ツッコミが」

リチャ「そうです」

遠藤「いや~それ鍛えられるわな~」

丈「はい(笑)」

遠藤「目の前うまいもんある、で、はよおもろいこと言うて食べんと、どんどん冷めていくし」

丈「そうなんですよ!(笑)」

遠藤「うまい瞬間逃してまうし」

丈「はい」

遠藤「すごいね~~横山先輩の!」

丈「はい(笑)スパルタですよホントに」

遠藤「今やだいぶ腕も上がって!」

丈「はい」

遠藤「はい言うたやろいま!(笑)」

(笑)

丈「いやもー、横山くんの!おかげですよほんまに!」

 

遠藤「じゃあその二人、ボケ・ツッコミで言うたら?藤原さんはちょ、結構ボケタイプ?」

丈「ボク、ボケですね!」

遠藤「草間さんは?ツッコミ?」

リチャ「僕も(笑)ボケですね(笑)」

遠藤「あ、Wボケや!」

丈「も、すごいですよ彼!見た目がボケっていうか…」

リチャ「見た目がボケはもうそれちょっともう言うたらアカンやつ…!」

丈「EXILEのメンディさんにすごくよく似てるって言われてて」

遠藤「そうやんね!」

丈「ま、メンディさんは出身地がアメリカらしいんですよ!彼、どこか知ってますか?」

遠藤「出身地どこなん?」

リチャ「僕、京都です」

(笑)

リチャ「で!京都生まれの京都育ちなんです」

遠藤「京都生まれの京都育ち。あれやな、なんかもう出オチみたいな感じやな(笑)」

丈「そっから!そっからなんすよ!彼のすごいとこ!好きな食べ物は?」

リチャ「千枚漬けです」

遠藤「うわ~めっちゃ京都人やん!」

丈「京都人なんすよ。で、嫌いな食べ物は?」

リチャ「あ、ハンバーガーです」

遠藤「ハンバーガー嫌いなんや!」

丈「ギャップっしょ!」(ドヤァ)

遠藤「逆やねぇ!」

丈「ね!?」

遠藤「普通はもうジャンクフード大好きに見えるよね!」

リチャ「脂っこいとねぇ、ちょっともう、ちょっともたれてきてダメなんですよ」

遠藤「まだ19やろ?(笑)」

リチャ「19です(笑)」

遠藤「あーそうなんや、これおもしろいね!ポテンシャルをだいぶ秘めてはるね!」

リチャ「はい(笑)」

遠藤「どんどん出てって!もう周りにイジる人おったら、もうドッカーンと、デニスさんの位置ぐらいはもうポーンと抜けるんちゃうの」

リチャ「そうなんすよ(笑)ジャニーズ初のね(笑)」

 

遠藤「いけるんちゃうん!めっちゃ楽しみやね!これからがね!もうじき春でございますけども、今日お二人が来てくれたのは、松竹座で行われるショーを告知しに来てくれたということでございまして」

遠藤「関西ジャニーズJr.春休みスペシャルショー2015!これ先週の21日土曜日から31日火曜日まで毎日公演しております。実はこのコーナー先週ね!浜中さんと室さんが、来ていただいて」

丈「はい」

リチャ「はい」

遠藤「ま、ばっちりと!このショーについてね、お話してくれたんで」

丈「はぁい」

遠藤「やっぱそこはその先輩に負けじと!どんなショーなのか、どういう人たちに来ていただきたいのかというのをガツーン!とここで言うてほしいわけですよ」

丈「……それはリチャードが担当してるんちゃうかな…」

リチャ「おぉーーーー!?!?」

遠藤「おおっとー?逃げたぞ!?」

リチャ「おおっとおっとおっとぉ!?」

遠藤「藤原さん逃げたぞ!?じゃあリチャードくんちょっといきましょか」

リチャ「あーーえーーーーーいつも僕ら、は春夏…冬…で公演、させてもらってるんですけど、大阪松竹座で。ま、そのなかでも、まぁ春っていうのはぁ、まぁちょっとお笑い要素が入ってる回。で他の時はコンサート、が多かったり、舞台!とかが多いんですけど、まぁそのお笑い要素…っていうところにまぁ注目してほしいなっていうのも、あってぇ。ま、でもその中でも…今回、コンサート的、要素も、多めに入ってるんで…ま、今までにない感じになってるんじゃないかな、と思いますね」

丈「ま、ボク個人的には、そのコンサートの中でも、ボクとリチャードと、先日来てくれた室くんが!3人で!漫才をするんですよ!」

遠藤「3人で漫才!?トリオ漫才やんの!?」

遠藤「あららららら稽古進んでる?」

丈「稽古まぁ、普通にその辺のファミリー…レストランでやってますよ」

遠藤「よぉ言うてるわ。あの2人ファミレスでネタ合わせするってそれ芸人ちゃうの!?って」

丈「ほんまに!芸人みたいなことしてるんすよね!パソコンも買って!パソコンでネタ打って。」

遠藤「台本作ってんねやそれ!」

丈「台本作って」

リチャ「こここうしたらええんちゃうか!言うて直してね!」

遠藤「精度高めていって、その本番が見れるのがこの舞台で!ということで」

遠藤「これは楽しみですね!トリオ漫才見れるというのは」

丈「ぜひ、ぜひ!来てください!ほんとに」

遠藤「ほんとに男性のみなさんにこそみていただきたい!」

丈「そうなんすよ!別に女性だけ!ってわけじゃなくて、笑いってやっぱし男女一緒じゃないですか!」

遠藤「共通です」

丈「はい、共通なんで、男性の方もぜひぜひ!来ていただいて!男性のファンが増えてくれればボクたちも!嬉しいんで!もう来てください!」

 

遠藤「関西にこんなかっこよくてかわいくてオモロイ子らがいるんや!っていうのをね、ちょっとね世の殿方にも知っていただきたいなと思います。で今回はニュー関西ジャニーズJr.も登場したりするそうなので、なんか先輩としてアドバイスとかしてたりするんですか?」

丈「いやもうね!もう今年、っていうのもおかしいんですけど!フレッシュジュニアすごくね!礼儀正しいんですよ」

リチャ「ほんまに!できてる子が多くて…挨拶ができるんですよ」

遠藤「それは気持ちええよね!」

リチャ「すごく!頻度がすごいっていうか」

遠藤「挨拶の頻度が?」

丈「はよざいま~す…とかじゃなくておはようございます!」

遠藤「あ、きっちりと!言葉もはっきり!頭もしっかり下げて!」

丈「20人ぐらいいるんで、ん、もう20人が!1列になって、挨拶するぐらいなんで!すごく礼儀正しいんすけど!…まぁ時間がかかるっていう!20人言ってくれたら」

リチャ「こっち的にはも、もういいぞ!となる程度に!もう!おはようございますおはようございますおはようございますって一人ひとりがちゃんとしてくれるんで…ちゃんとできた子らが多いです」

遠藤「そこまできっちりしてくれたら、もう楽しみやし!やっぱのちのちライバルとしても育っていくやろし!そういう切磋琢磨もありつつの!舞台だと思いますんで、ぜひそのフレッシュな顔ぶれもみなさんご注目いただきたいと思います!ほんまとても楽しいショーなのでね」

 

遠藤「ご家族そろってぜひ!足を運んでいただきたいと思います!どうでしたか初ラジオは?」

丈「いや緊張するっていうか、まぁ、なんやろこれ!?初めてだったんでほんまに!いつも歌とかダンスとか、んでたまにバラエティ、の、し、収録?みたいなのも出てるんですけど!ラジオは初めてだったんで!まぁいい経験…いい経験ができて!よかったと思います!」

遠藤「いや、初めてとは思わないぐらいね!よぉ喋っていただきまして!」

丈「いやいやいやいや…」

リチャ「しゃべりはしゃべりなんですけどね」

(笑)

遠藤「ほんまに(笑)ふたりともボケやからね!またぜひぜひ、この二人で!ちょっとスタジオに遊びに来てください!」

丈「お願いします!」

リチャ「よろしくお願いします」

遠藤「お待ちしております!今日は関西ジャニーズJr.から藤原丈一郎さん、草間リチャード敬太さんにお越しいただきました!ありがとうございましたー!」 

♪大阪ロマネスク

 

以上!12分くらいかな?お疲れ様でした~~~!!!

丈くんもリチャードも初ラジオおめでとうございました!!ラジオやってくれたの嬉しすぎて文字おこしがんばったけど、相槌とかはしょったとこあるし、どっちの声か微妙なとこもあります♡すみません♡

 

もうほんまにうれしい!!はきはき聞き取りやすいよう意識して喋ってたような気がするし、落ち着いた普段の(?)声が聴けてよかった!嬉しい!若干甘噛みやったりするところもあったけど(笑)ふたりとも低めの落ち着いた声やからラジオで聴けてほんまに嬉しい!!

文字おこしに関しては、いつもやってる人すごいなって…ありがたみがわかりました…。10分弱でこれやのに…。あと名前も書いて色分けもしたらしつこいかなって思ったけどやりたかったのでやりました。楽しかったです。

 

丈くんもリチャードも、もっといっぱいいろんなラジオにでますように!!!!ほかの子たちもでますように!!!!!!!!!!!

*1:私にはこう聴こえた

*2:8才入所の12年目ですって

*3:草間さん呼び斬新でじわじわくる

*4:私にはそう聴こえた